アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
徒然草
ブログ紹介
 日々、感じたことを、暇を見つけて不定期に更新できたらと思います。
zoom RSS

帰省後半

2008/08/16 10:59
 というわけで、12日から帰省の後半ということで出かけてきました。
 行きは私一人ですから気楽なもので、羽田でお土産を買ったあと、荷物を預けて身軽になって、早めのお昼とビールといういつものパターンでのんびり過ごしました。
 向こうへ着いて、飛行機を降りた時の空気の涼しさっていうのは違いますね。飛行機だから短時間で移動できると、こういう違いが際立つので面白いですね。のんびりいろんな交通機関を乗り継いでという移動も好きですが、それぞれに良さがあるということでしょうか。
 私が埼玉に戻っている間に、子どもが突発性の湿疹というのにかかりまして、一時39度を超える熱が出ていて、向こうではばたばたしましたが、帰る予定の日には熱も引いて一安心になりました。まだ、湿疹がちょっと出ていますけれどね。
 14日の早朝にはペルセウス流星群をちょっと眺めていました。いずれ子どもが大きくなったら一緒に見たいとは思います。ただ、その晩はビールを飲みすぎていたので、本当に流れ星だったのか、私の錯覚だったのかは神のみぞ知るところです。
 14日夕刻、向こうを車で出発。何箇所かで休憩と給油をしながら順調に来ました。順調に来すぎたくらいで、このままでは、深夜12時前に到着(ETC割引不適用になる)というくらいでしたが、幸か不幸か矢板付近で渋滞につかまりまして、到着地インター無事に12時半に通過。4000円の割引を受けることができました。
 あっというまの帰省休暇が終ってしまって、次の連続休暇は年末年始までありません。うーん、そう考えると鬱になりそうですね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


帰省前半

2008/08/04 10:20
 2日の未明からの帰省の前半から無事に帰ってきました。
 行きの高速は渋滞にぶつかることもなく、予定通り約8時間で到着。
 2日の気温でいうと、こちらの最高は34.6度、向こうは26.6度でして、気温の差というのは、ほんと、体感できて向こうは涼しく感じました。向こうの住人はそれでも暑いと言っていましたけれど。
 2日は青森ではねぶたのスタートということで、テレビニュースなどでも放送されていましたが、妻の実家の地域でも同じ時期にお祭りが開催されて見てきました。こちらは全国ニュースでは出てきていませんでしたね。ローカル局のRABでは放送されていましたが、やっぱり知名度の違いでしょうか。
 向こうで若干の仮眠後、夜の飛行機で帰ってきました。土曜の夜の便、東北のお祭りはスタートする時期の上り便ということで、150人乗りの機体に35人だけで、ガラガラでした。
 飛行中、途中途中で花火大会をやっていて、上空から見ることができました。タイミングよかったですね。地上で見るのと違って面白いもんです。
 12日から帰省の後半。それまでは仕事です。ブツブツ。 
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5


東北道を北へ...

2008/07/31 13:55
 まだ実際に出かけたわけではありません。
 私の職場は13日からお盆休みで、17日まで続くのですが、一番混雑する時期に帰省するのはあわただしいということもあり、次の週末に一時帰省、妻を実家に残して私のみ戻る。お盆休みに入って再度私が迎えに行くというパターンになります。
 10日間以上、妻は子どもと一緒に実家にいることになるので、実家での足を確保するため、妻の車で往復しつつ、私だけの移動は飛行機という行程になります。
 妻の実家は東北道の先の八戸道の終点なので、ひたすら北上するわけになるのですが、最寄りの東北道のICからの距離を調べたら、約600キロ。知識としてはあるけれど、600キロを運転して帰るとなると、運転する前からしんどくなるなぁ。
 車窓でものんびり楽しみながら帰れるといいんだけれど。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5


岩手北部地震

2008/07/24 11:48
 暑い夜をラジオを聴きながら過ごしていたら、「緊急地震速報」と「東北地方」という言葉が聞こえ、飛び起きてテレビをつけました。奥さんの実家のある三八上北で震度6弱という速報が流れていたので、心配をしましたが、翌朝、特に被害もないという連絡が取りあえたので一安心となりました。前回の岩手宮城内陸地震の山崩れなどの映像のイメージがあったし、三陸沿岸というのは津波の被害もあったところなので、今回はそこまで大きな被害は出ていないようですが、心配ですね。
 うちでも、少し防災関係の準備をしないといけないと考え直す機会になりそうです。
 「緊急地震速報」、埼玉では地震の前にありまして、速報の途中で揺れを感じることになりました。寝ぼけていたこともあって、地震に対する対処が何もできなかったような気がしますが、知識として持っているだけでは対処できないもので、これも反省の一つになるかもしれません。
 災害は起きないことが一番いいですが、そういうわけにはいかないから、備えるべきことは備えないといけませんね。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


飲み会

2008/07/20 21:46
 梅雨の明けた19日、高校時代の仲間と東京で飲んで行きました。
 午後の早い時間帯、世田谷文学館で行われていた「宮脇俊三と鉄道紀行展」を見たあと、松原を散策、神宮外苑のビアガーデンで盛り上がってきました。4時過ぎから9時過ぎまで飲んで、友人を新宿の小田急改札と池袋の西武改札で見送って私も家路につきました。久々にだいぶ酔ったし、楽しい時間を過ごせました。
 職場の関係での飲み会もありますが、やはり、気の置けない仲間と過ごす飲み会はいいですね。次は年末の予定。それまでせいぜい仕事をがんばりましょ。画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


使用機材の変更

2008/07/16 09:10
 今日、JALからメールが来ていました。
 お盆の帰省用に予約してあるJL1227便が機材変更になったので、座席が変更になります。という内容です。
 予約がキャンセルされるわけではないし、目的地に時間どおりに着けるわけですから、本質的なところではなんの不便もないのです。普通に考えれば。
 ところが、私はこの日のこの便にした理由の一つが、実は使用機材だったりするので、機材変更されると、せっかくこの便を選んだ理由がひとつなくなってしまいます。
 HND-MSJ線にはこの7月からBOEING777-800が航しています。その737-800の便に予約を入れたのですが、機材変更でMD-90になってしまったんですね。
 前後の日は737-800のままで変更ないようなので、なんでこの日だけという感じではありますが、今から嘆いても仕方がないので、737-800搭乗の機会は次回(いつになるやら)までお預けです。
 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


健康診断

2008/07/11 18:43
 本日、健康診断を受診してきました。
 正式な結果は2週間ほどかかるそうですが、その場で血液検査の速報は出してもらえて、すべての数値が一応、正常の範囲内に入っていたので、一安心ですが、脂質やコレステロールの値がぎりぎり正常範囲内というところが注意点でしょうか。
 それにしても、バリウムを飲むのは毎度毎度苦手です。こういうところはもっと楽になるように進歩しないのだろうかと思ってしまいました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


最近のラジオ

2008/07/10 10:06
 特段、最近ということではなく、毎年このシーズンはということなのですが。
 私はテレビに接している時間よりも、ラジオに接している時間が多くなっています。
 車での通勤時などがそうですが、このシーズンになると、夕方以降、野球の中継が多くなります。テレビでは中継しきれない分、ラジオになるわけですが、そうなると、民放はほとんど野球一色、NHKまで野球ということもあります。
 もちろん、野球好きの人も大勢いるわけですが、他に選択肢がなくなってしまうと、野球に興味のない私には退屈なシーズンです。
 NHK第2やAFNもないわけではありませんが...。

 テレビはデジタル化されますが、ラジオもデジタル化して多チャンネルなんていうことにはならないんですかね。
24時間落語だけの放送局とかできたらいつも聞いていそうなんですが。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


秋葉原の事件

2008/06/10 10:35
 すでに多く報道されているとおり、秋葉原で嫌な事件が起きました。
 町村官房長官は、銃刀法の規制を強化するという対策を取るという会見をやっていたようですが、解決にはならないような気がします。
 犯人は、いろんなきっかけで自暴自棄になっていたのだろうし、そういう人間に法の規制がどれだけ抑止力になるのかというのは大きな疑問です。 現在だって、多くの銃器を使った犯罪があることを見るとわかるような気がしますが。
 犯人は、派遣で仕事をしていたということ。今の労働環境では、今回の犯人よりも条件の悪い「日雇い派遣」のような環境の人も多くいるし、そういう環境に比べれ恵まれた環境なのだろうが、結局は「派遣」であり、不安定な雇用体系の中にいることに違いはない。
 犯行までに掲示板に書かれた内容も報道されているが、本人が、こういう働き方の中でどんな思いでいたのかを垣間見ることができないだろうか。
 もちろん、それで殺人を正当化できるはずもないが、社会としてこういう事件を起こさないようにしていくための取っ掛かりにならないものだろうか。
 日本の終身雇用制度というのが批判されることもあるが、大きなセイフティーネットであったことも事実。そういう雇用体系がずっと維持されてきていたら、今回の事件はどうなったのだろうかとふと考えてしまう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


子ども医療費助成

2008/05/28 23:33
今日、市役所から新しい子ども医療費の受給者証が届いていました。
子どもが生まれたときに手続きをしているのですが、この6月から無料化の期間が中学卒業までに延長されるということで、新制度の受給者証が届いたわけです。
幸い、うちの子どもは病院のお世話になるようなことはなく過ぎてきていますが、こういう制度があるというのは心強い限りです。
子ども医療費の助成(無料化)というのはほとんどの自治体で行っていることで、私の住むK市の場合は窓口負担も一部の例外をのぞいてしなくて済むという制度ですが、窓口負担をしたのちに償還払いという手続きを踏まないといけない自治体もあります。
私の職場のあるH市は窓口負担の後、償還払い制度を実施しているところであります。
その、H市の国保、子育て、福祉関係の担当者と懇談の機会が先日あったので、この点を聞いてみると、窓口負担なしという制度に切り替えると、国からの補助金が削られるので財政的に躊躇しているということでした。
住民サービスのために努力している自治体の国保財政に国が支出している補助金を削るペナルティーを課すというのは、いったいどういうことなんだと正直、驚きました。
H市の場合は500万円程度削られるだろうということですが、国の施策というのが、本当にどこを向いているのか、これでいいのかと考えさせられる出来事でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


光市母子殺害事件高裁判決

2008/04/23 11:11
 表題のとおり、死刑という判決が出た。
 私自身、刑事司法の目的というのは、犯罪者の更生というのが大きなウェイトを占めているはずと思っているから、今回の死刑判決には疑問を持っている。少なくとも、遺族感情を満足させるというのは目的ではないはずだ。
 今回の事件の場合、遺族の露出がたいへん多く、マスメディアではっきりと被告の死刑を希望し、判決後も、従来の判例を超えた画期的な判決だという発言をしていた。
 今までの基準で行けば死刑にならないような事件であることを考えると、遺族の露出(言い換えれば圧力)で、死刑判決となったという可能性も否定できず、そうだとすれば刑事政策にとって大きな不幸ではないのだろうか。
 今回の事件で、遺族がこれほど露出しなかったら、同じように死刑判決が出ただろうか。
  犯罪行為としての殺人(弁護団は殺人としていないが)は裁かれ死刑という結末を迎える。
 一方、遺族は自分の犯人に対する恨みという殺意を、国家の裁判そして死刑という判決を通して満足させる。遺族は自分の手を汚していないから自らの欲求を満たしながらも罪を問われることはない。
 そんな構図に見えてしまう今回の事件である。
 遺族の感情は十分理解できるものであるが、それを切り離して考えなければいけないのが刑事政策なのではないのだろうか。犯罪被害者のケアは別個に考えないといけないものなのではないだろうか。
 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


広域交付住民票

2008/04/21 17:26
 アパートの賃貸契約の更新に住民票が必要ということになりました。
 今は役所の窓口が土曜日や休日も開いているので、休みを利用して取りに行けばいいのですが、なかなか億劫だったり休日出勤と重なったりもして、取りに行かずにいました。
 ただ、いつまでのそういうわけにいかないので、今日、地元でなく職場の近所の役所に行くついでができたので「広域交付住民票」という形で取ってきました。
 賛否はいろいろとある住民基本台帳ネットワークがあるからこそできたことで、こういう便利さに慣れるとということはあるかもしれません。
 今年は所得税のe-tax申告で住基カードを使って申告して5000円の還付を受け、時間を有効活用して地元以外で住民票を取ることができました。
 個人情報の観点から賛成できないという意見も十分理解できる一方、どこまでが本当に守るべき個人情報なのかという選別もしないといけないのではと考えてしまいました。
 住所、名前、生年月日くらいはそんなに神経質にならなくてもよいのではなんて思ったりもするけれど、どっかで箍が外れると際限なくなってしまうだろうし、難しい面もありますね。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


北氏がテレビに

2008/04/02 23:09
 先日、狐狸庵先生がTVCMで復活という内容の記事を書きましたが、今日のNHKニュース9に北杜夫氏が出ていました。
 なんでも、氏の昆虫標本のコレクションが日光の博物館に展示されているということで、昆虫への思いを北氏にインタービューしていました。
 最近、テレビでの露出がなかったマンボウ先生を見て、まだまだ元気でしたね。狐狸庵先生亡きあとお二人の軽妙な対談は望むべくもありませんが、まだまだマンボウ先生の随筆は読みたいものです。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


年度替りは

2008/03/31 23:19
 まったく、年度替わりというのは忙しく、花粉症もピークだし、ブログまで手が回らない感じですが。
 きょうの朝日新聞に航空関連の記事が2件。
 JAA 日本アジア航空がJAL本体に統合されるという記事と、MD87退役の記事が掲載されていました。
 JAAは利用したことがありませんが、MD87はHND-MSJを往復する際に利用した機材なので、ちょっとさみしくなりますね。
 機材としては新しい機材ではありませんで、同路線には後継機のMD90が入ることもあり、ビデオやオーディオサービスのあるMD90と比べると旅客サービスの面では劣るところもあるわけではありますが。
 ただ、MD87のような小さな機材が、ほかの大型の747や777に比べて短い距離で離陸していく、離陸の時も勢いを感じるっていうのは搭乗していて気持ちよかった気もします。
 三沢離陸後、どんどん高度を稼いでいく感覚は、東北新幹線開業前まで就航していたA300とは違ってMD87独特だったと思います。
 また特徴のある機体が見られなくなるというのは残念ですね。MD81もいずれBOEING737-800に置き換えられそうなので、せいぜい、三沢線利用の際に楽しんでおこうと思います。
 GWの往復の際は往復ともにMD81ですね。

 写真は2003年5月に三沢空港で撮影したJAS塗装のMD87です。

画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


羽田へ行く

2008/03/23 21:59
 羽田空港へ行ってきました。
 といっても、自分の旅行ではなく、長崎から帰省してくる弟夫婦の出迎えでした。
 私はいつもJAL便利用なので、第2ターミナルは初めてでした。海側のビルなので、展望デッキからの眺めはいいですけれど、全体にコンパクトにできていて、到着ロビーの到着口は出迎えの人で結構な混雑になっていました。いずれ拡張されるのかな?第2ターミナルは。
 あと、待っている間に第1ターミナルとの間を往復してみましたが、印象はそんなに離れていないなという感じでした。頭では、もっと遠いのかと思っていたのですが意外でしたね。
 自分の旅行では来月のGW、搭乗予定です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3・15ダイヤ改正

2008/03/15 00:57
 すでに日付が変わって今日がダイヤ改正当日になっていますが、昨晩のニュースで急行銀河の最後の出発の様子を報道していました。
 カメラを持った大勢の見物人がホームを埋めていましたが、私はどうもこういうさよならイベントというのが好きになれません。
 あの見物人の中に、本当に列車に愛着があって別れを惜しむ人がどれだけいるでしょか?物珍しさで足を運んでいる人が大部分ではないのでしょうか?
 私が別れを惜しむ列車の最後の乗車の機会だとしたら、あんなお祭り騒ぎは望みません。今まで慣れ親しんできた雰囲気の中で乗車を楽しみたいと思いますから。
 私自身は若い時に夜行列車で多く旅行をしてきました。夜行列車の雰囲気は好きだし、今でも機会があればとは思っています。
 しかし、時間や金銭的な都合で夜行列車は選択肢に上がることがほとんどなくなってしまっています。やむをえないことなのでしょうか。
  私が夜行列車を利用しだした時代というのは、国鉄末期からJRへの移行時期で、夜行列車の凋落がすでに始まっている時代でした。その頃のさみしい雰囲気が好きというのは、夜行列車の全盛期とはまったく違ったものなのでしょうけれども。
 そんな夜行列車が好きな私でも、いざ、夜行列車を選択するとすれば、やはり自分はもの好きなのかも?と思うことでしょう。そんな意味では夜行列車の削減も仕方がないのかも。一般の人の旅行の選択肢とならないのなら。
 
 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


花粉症本格化

2008/03/11 19:13
 しばらく間があきました。
 このシーズンは私の仕事では繁忙期の一つで忙しいからというのもありますが、もうひとつ理由がありまして、花粉症が発症したことです。
 1日中うっとうしし、夜も熟睡できないしと、忙しい時期に重なるのでなおさら大変です。
 5月の連休が過ぎないと落ち着かないので、それまでは薬などで抑えるしかないんでしょうけれどね。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


またJALが

2008/03/05 18:07
 またJALがというのはJALファンとしてはあまり書きたくありませんが...。
事故の詳細は報道等されているのでここではあまり論じませんが、報道のされかたなどをちょっと。
 事故が起きた当時というのは当然記事になりますが、その後のフォローにどうしても不満が残ります。
 JALは今回の小松空港の事案の前に新千歳空港でもトラブルを起こしてその報道はされていますが、その後の原因調査については再発防止の記事というのは目にしていません。たぶん、報道そのものがされていないのでしょう。
 福知山線事故のように、多くの被害者が出た事故は、一定、事後の報道もされていますが、人的被害が出ていない事故では発生時の報道はあっても、その後の報道があまりないようです。
 今回のような事故の場合、事故の原因や再発防止策というのは、利用者には直接関係のないことかもしれませんし、新聞やテレビの報道は最大公約数的なところで妥協をしないといけないのでしょうけれども、尻切れトンボ的ですね。
 さて、今回続いた小松空港も新千歳空港も軍民共用空港です。2つの事案のケースは原因が違いますし、軍民共用空港であることが原因になっているということではなさそうですが、こう2回続くと、三沢空港をよく利用する私としてはあまりよい気持ちはしませんね。三沢は自衛隊管制ですらなく、米軍の管制ですし。今度利用するときは大丈夫かなぁ。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


e-Taxの盲点

2008/02/29 18:28
 すでに、電子申告を済ませたというのは先日の記事ですが、その補足というか追加。
 電子申告をすると5000円の税額控除(電子証明書等特別控除)が受けられます。
 私は医療費控除等々があるので、年末調整だけでは税金が確定せず、還付申告をしたわけですが、今年は電子申告の税額控除が受けられて通常の計算よりも5000円余計に還付が受けられることになります。
 確定申告は通常、自営業者など源泉徴収をされていない人がするわけですが、確定申告をしない人には一見、e-Taxの電子申告の5000円税額控除のメリットはないように見えます。
 ところが、実は源泉徴収で年末調整も完了しているという人でも、確定申告書を作成し、電子申告をすれば税額控除が受けらます。
 つまり、年末調整で税額が確定
 通常は確定申告は不要
 でも、今年は電子証明書等特別控除があるので確定申告書を作成
 電子申告をする
 5000円の税額控除が適用
 結果、5000円の還付が受けられるということになります。
 (所得税が5000円に満たない人は税額が上限)

 e-Taxを普及させるために導入された電子証明書等特別控除制度ではありますが、こういう使い方ができるというのは盲点だったですね。
 カードリーダーや住基カードを作成する、申告期限に電子申告するなど、手間はちょっと掛かりますが、税金が返ってきます。電子証明書等特別控除は2007年か2008年の所得税から控除できる制度ですから、今年は間に合わないという場合でも来年適用を受けることができます。(今年も来年もというのはできません。)
 申告書そのものは国税庁のホームページで作成できます。税金がどんな風に計算されて決まるのかという確認にもなるので、やってみてはどうでしょうか?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


所得税の確定申告

2008/02/28 18:05
 所得税の還付申告をしました。医療費控除などで戻ってくるわけですが、電子申告をすると5000円の税額控除もあるし、税務署に出向く必要もないので、今年は電子申告を選択しました。住基カードなど別途用意しないといけないものもありますが、すべてパソコンの前ですんでしまうので楽ですね。添付書類の提出も必要ないということです。
 確定申告をの作成も、パソコン上で自分で計算しなくてもできるし、数字が入れられれば税法の知識もいらないわけで、便利ですが、どんどん自分の知識が失われていくような気がします。便利になりすぎるのも考えものかも?
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


続きを見る

トップへ

月別リンク

徒然草/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる